わらびはだの使い方は?

目元のポツポツや肌のざらつき、首イボなど、年齢と共にターンオーバーが乱れることで、嫌なポツポツが増えてしまいます。

そんなポツポツケアに効果的なオールインワンジェルがわらびはだです。

気になるポツポツを排出させるためにも、正しい使い方について知っておきましょう。

わらびはだの基本的な使い方

わらびはだの基本的な使い方
わらびはだは化粧水からクリーム、化粧下地の役割までしてくれるオールインワンジェルです。

特別なスキンケアの必要がなく、これ1つで保湿からイボケアまで全てまかなってくれます。

効果をしっかり発揮させるためにも、まずは基本的なケア方法を知っておきましょう。

洗顔後の清潔な肌に使う

どんなにいい成分が入っていても、素肌に汚れが残っていると効果が半減してしまいます。

清潔な肌に使うのが鉄則ですから、洗顔後やお風呂上りに使うようにしましょう。

さくらんぼ大を5点置きして伸ばす

1回の目安量はさくらんぼ大です。

スキンケアやメイクをする時と同じように顔の両頬とおでこ、あご、鼻に乗せていきます。

首のポツポツも気になるようなら、首にも少量乗せてあげましょう。

肌になじませながら丁寧に伸ばしていきます。

乾燥が気になる部位には重ね付け

目元など乾燥が気になる部分には、重ね付けしてあげると効果的です。

指先にほんの少量取り出してあげて、トントンとなじませながら付けてあげましょう。

保湿力が高まって、かさつきや乾燥をしっかり抑えてくれます。

効果を高める使い方のポイント

効果を高める使い方のポイント
美容成分がたっぷり入っていますから、基礎化粧品代わりに使えば肌をしっかり整えてくれます。

わらびはだだけで乾燥やハリ不足を感じるようなら、化粧水を足したりクリームを足すなど、ワンアイテムプラスしてあげれば、効果も倍増してくれます。

肌が温まった状態なら美容成分の浸透がよくなりますから、お風呂上りがベストなタイミングです。

お風呂上りから時間が経ってしまった場合には、ホットタオルで顔や首を温めた後に使うと浸透力がアップしてくれます。

水で濡らして絞ったタオルをレンジで30秒から1分ほど温めると、ホットタオルが手軽に作れます。

くれぐれも火傷には気をつけて、温かいと感じる温度で行いましょう。

毎日朝と晩のケアに活用しよう

毎日朝と晩のケアに活用しよう
ポツポツや肌のざらつきはターンオーバーと共になめらかになってくれます。

20代の正常な肌ならターンオーバーは28日周期ですが、年齢を重ねるとどんどん遅くなってしまいます。

毎日コツコツケアを続けることがポツポツを追い出すのに一番大事ですから、朝晩しっかりケアを続けていきましょう。